ご利用のドメインで運用されているWebサイトのSSLサーバー証明書はお済みですか?

Webブラウザのバージョンアップに伴う仕様変更により、お客様のWebページ表示に影響が出る可能性が大きいと考えられるためご案内させていただきます。


ご利用のドメインについて、状況をご確認ください。

■SSLサーバー証明書が未設定の場合に起こる問題

全世界で利用されているWebブラウザ「Google Chrome」において、
2018年7月に行われるバージョンアップにより
SSLが設定されていないWebサイトは、アドレスバーに

【保護されていません】と警告が表示されることとなりました。

そのため、SSLを未設定のWebサイトにアクセスした場合
「保護されていません(=安全ではないページ)」と警告されることになります。

警告により、訪問されるお客様に不信感を与えてしまう恐れがあり、
結果として訪問数などが減少につながる可能性があります。

■バージョンアップにともなう対処について

ご利用のドメインの状況をご確認いただき、
Webサイトを運用しているサーバーにおいて、SSLサーバー証明書が未設定の場合、
SSLサーバー証明書のお申込みを強くお勧めいたします。
弊社ではお客様のご要望に合わせたプランをご用意しております。
この機会に是非こちらからお問合せください。